マスク解禁!焦ってケアすると逆に◯◯しちゃうかも。。。。(小顔・高田馬場・Laqoo新宿)

マスク解禁になって、マスクを外すの不安だったりしない??


「こんな顔だっけ?」

「ちょっと見ないうちに老けたな。。。」

「マスクで気づかなかったけど結構オバサンなんだ」


そう思われないか心配。。。


・刻まれた『ほうれい線』や

『マリオネットライン』


・たるみのせいで出来た

『ブルドックほっぺ』


・顔が長くなり頬がコケ

 『お婆さん顔』



思い当たる人、

いよいよ本気で心配しないと

いけない時期になってます。



でも!


ちょっとまって!


焦ってケアすると

逆に【老化】しちゃうかも😱



ということで

今日は、


老化を防ぐ

セルフケアの仕方を

特別に伝授します!


実は私はコロナよりも前に

若返らなくては!と焦っていた時期がありました。


セラピストを本業に決め自宅サロンをオープンし

お顔の施術やセルフケアの講座をはじめました。


引っ越しやオープン準備などの多忙な日々が落ち着き

少し余裕が生まれた頃、突然自分の老化に気づいたんです。


お顔ケアの先生なのに

顔は『老化したお婆さん』でした。


「ほうれい線はね。。。」

「タルミはね。。。」

と説明しながらも先生の顔がタルンタルン( ノД`)


「先に自分がやれよ!」て思われてない?。

「ケアの効果が無いよね・・・」と思われてない?


とても怖くて情けなかったです。


そして顔を老化させてしまった自分自身が許せず

毎日自分を責めていました。


「ナントかして若返りたい!!早くナントかしないと!!」


その焦りから私は「間違ったケア」をしてしまいました。

そして、ソレが更に老化を招く原因となりました。



インターネットや雑誌等で安易に仕入れた無料の

知識とケアで必死に顔のお手入れをしたのです。


毎日毎日、顔をグリグリ・ゴリゴリと必死にケアしました。


すると、やればやるほど顔が逆にドンドンたるみだしたんです。

50歳過ぎた私の顔には「強いケア」はリスクが大きいのだと

ようやく気づきました。



更に老化させてしまった事で、若返る事を諦めた時期もありました。

皮膚が伸びるのが怖くてケアが出来なくなったんです。


その時に、セラピストの勉強中に習った顔のケアを思い出しました

「やさしく、ソフトタッチ」のそのケアはココまで老化した私の顔には

効果がないだろうと思ってました。


でも、少なくとも皮膚が伸びるようなリスクはない。

そう思い、その優しい方法でケアを再開しました


すると顔がドンドン変わっていったのです。

そして半年後、自分でも納得いくまで若返る事が出来ました。



マスク解禁になる前に


しわ・たるみを取りたい!

むくみをとりたい!

引き締めたい!!


と焦っても

安易にセルフケアに飛びつかないで


特に40代過ぎたらゴリゴリ・グリグリの

ケアは要注意!!